ここに注意!夜行バス乗車時のマナー

周りに迷惑をかけない過ごし方を

夜行バスは低価格で長距離の移動が出来るうえ、自分が寝ている時間帯に移動を済ませるので、旅行のスケジュールにあまり影響を及ぼさない点が魅力的です。しかし、快適な夜行バスの時間をゆったり過ごすためにも守らなければいけないマナーがあります。
まず一番大切なのは、座席のシートを倒す際には後ろの人の了承を得てから倒すことです。全く声をかけずにいきなり座席を倒す人がいますが、後ろの人がドリンクを入れていたりするとこぼれてしまうこともあるので、事前に声をかけるようにしましょう。また、特に座席の間隔が狭いバスであると倒しすぎると後ろの人のスペースが狭くなって座席から出られなくなってしまうこともあるので、迷惑をかけない程度に倒しましょう。

音漏れ・光は意外と気づかない

夜行バスは周りに人がいるので落ちついて寝ることが出来ないという人も多いです。
そんな時、寝ている間に音楽を聴いている人が多いのですが、あまりボリュームが大きすぎると、音漏れをしていることがあります。普段電車に乗っているときなどでもイヤホンの音漏れは気になるものですが、夜行バスであればなおさらです。周りの人に不快な思いをさせないためにも音楽のボリュームは自分が少し小さいと思う程度のボリュームにしましょう。
そしてもう一つ意外と気にならないようで気になるのがスマートフォンの光です。スマートフォンのバックライトは明るめになっているので、暗闇でスマートフォンを使うと近隣の席の人は光が気になって眠れなくなってしまいます。そのため、バスによってはスマートフォン禁止のところもあるので利用の際は注意をしましょう。

© Copyright Start Your Journey. All Rights Reserved.