新幹線よりも快適!?最近の夜行バスのシート事情

3列式の快適なシートが増加中

一昔前までは夜行バスも4列シートが当たり前の時代でした。しかし、競争激化の影響などにより、近年では4列ではなく3列シート式の夜行バスが増加中です。そして3列構成の中にも色々なタイプがあります。まず一つ目は、一般的な4列シートと大して変わらないものを3列構成にしたため、両側の手すりを使えるようになっただけのタイプのものです。これだけでも4列シート独特の密着感から解放されるため、そんなに豪華シートとはいえないものの人気上昇中です。次に新幹線とは違って1席ごとがそれぞれカーテンで仕切られていて、個室感覚で他人の目を気にせずに乗れるタイプも増えています。その他、その中間にあたるものもあり、席ごとに乗客の頭を覆うカプセルのようなものがついていて、ある程度は人の目を気にせずに乗れたり、周囲が明るい中でも寝やすい環境が用意されたバスも存在します。

2列式豪華夜行バスがすごい

3列式バス以上に脚光を浴びているのが2列式豪華夜行バスで、こちらは大手が素晴らしいバスを開発する度、メディアの取材が殺到してテレビなどで大きなニュースになっています。その中でも、ついに近年、個室といっていいような豪華バスまで登場し始めました。そして、そういった豪華夜行バスはかなりシートのリクライニング性が高く、ほぼ完全に横になった状態に寝る事が出来るようになっています。また、ブランケット・アイマスクなどのアメニティもどんどん充実しています。また、起きている時間でも快適に過ごせるよう、テレビがついているようなバスも登場しはじめ、どんどん寝台特急の個室に近づいてきています。さらには今後、シャワー付きバスもどんどん登場し始めると予測されています。

© Copyright Start Your Journey. All Rights Reserved.